12/25(水)に発音ワークショップ

しばらく開催できていなかった『発音ワークショップ』を12/25(水)の午後7:00~9:00に行います。日本語とは根本的に違う発音の側面を中心に練習しましょう。発音は意識して練習してきたけれど、なかなか滑らかに話せないという方にもおすすめです。

詳細とお申し込みは『発音ワークショップ』のページで。

ドラマチック音読セミナー

9月7日(土)に東京・六本木で『ドラマチック音読セミナー』を開催します。開催まで1週間を切ってから募集をするというね、なんなんでしょう?(笑)

これは何を意味しますか?

そう。参加者はおそらく、恐ろしく少ないということ。

つまり、個別のフィードバックを受けやすいということです。ぜひみっちり練習しましょう。

で、「ドラマチック音読」って何?

これは、テッド寺倉さん、Joyさんと一緒にアルクから出版した『TOEIC L&Rテスト Part 3 & 4 鬼の変速リスニング1』『『TOEIC L&Rテスト Part 3 & 4 鬼の変速リスニング2』に登場するアクティビティの名前です。

ま、読んで字のごとく、「ドラマチック」に「音読」するわけですね。

もしあなたが「音読」をしているけれど、イマイチ効果を感じられないと思っているようなら、そして、それなりの量をこなしているのにそう思っているのなら、それはまず間違いなくやり方を間違っているからです。

「音読」って、単に目の前にある文字を読み上げるだけの「作業」になっていませんか?

しっかり意味を理解し、発言者の「気持ちを感じながら」その意味や気持ちが「伝わる」ように「話して」いますか?

それが「ドラマチック音読」です。

というか、そもそも「音読」って、こうあるべきなんですよ。

なのに「単なる音声化装置」に成り下がって音読をしている英語学習者のいかに多いことか。。。

あなたはText to Speechアプリですか?

人間、ですよね?

英語を話すための準備として素材を音読するのなら、実際に話している場面とできるだけ近い状態で練習すべきでしょう。そのために必要なのが「ドラマチック音読」。

やりませんか?

素材は『『TOEIC L&Rテスト Part 3 & 4 鬼の変速リスニング2』の「ドラマチック音読シアター」というコーナーの234-235ページにあるものを使います。(テキストは持ってなくても大丈夫です)

セミナーの概要:
日時:9月7日(土) 13:00~15:00
会場:カラメル六本木2号店(六本木駅から徒歩1分)
講師:天満嗣雄
料金:8,000円(当日お持ちください)
申込:こちらの申込フォームからお申し込みください。